フランス在住★高齢出産女の社会時評

現地の生活者ならではの内容、しかし、ただ生活しているだけではない観察眼が売り

フランスで歯医者に行く

今日は生活の話。フランスで歯医者にかかった話です。

 

海外生活で一番不安になるのは、医療でしょうね。言語のバリアで医者とのコミュニケーションがもちろん不安ですが、そもそも制度自体が根本的に異なっているので、事務的な面で何をどうしてよいのか分からないことが多いように思います。フランスでもそうではないでしょうか。特にお子さんを抱えた生活者ならなおさら。例えば3年程度の海外赴任期間中、一度も病院のお世話にならない子どもはいないでしょう。

さて、今日は歯医者の話。虫歯など何十年とかかっていなかったのに、最近奥歯に大きな虫歯がありました。なんか最近お茶がシミるなあ~と思って、鏡を見たら奥歯に巨大な穴が! 加齢や妊娠で虫歯になりやすくなっていたのでしょう。やってしまった、とは思ったものの、その時は事の重大性を認識していませんでした。

 

1.診察は予約制

日本でも歯科医は予約制のところが多いと思いますが、フランスでは内科医(medecin généraliste)と呼ばれる町医者も含めて、基本は予約制。以前はいちいち電話して予約するのが普通で、すぐに空きのあるところが見つからなったりで本当に不便でした。最近では、ネットでの予約プラットフォームが発達して本当に便利になりました。

こちら↓

https://www.doctolib.fr/

これによって医療秘書の職が将来にわたって大量に奪われたと思います。が、医療機関情報情弱の外国人にとっては本当に朗報!予約可能な日時、時間帯、健康保険証(Carte vitale)のネットワークに接続しているか(していれば医療費の払い戻しが自動になる)、受け付けている支払い方法(カードで払えるか)、そして何よりも、その医者や医療機関が社会保障協定を結んでいる(Conventioné)か、料金はいくらぐらいかが一発で分かってしまうようになったのです。

料金は、医師が社会保障協定の第1セクターか第2セクターかなどで全然違うのです。以前は事前に調べずに行って、毎回お会計時にドキドキしていたものですが、今は始めから分かっているので、本当に気が楽になりましたよ。

妊婦のエコーも腰痛時のレントゲンも、コンタクトレンズの処方箋もこのプラットフォーム一つでOK。本当に革命です。医師の卒業校や話す言語まで公開されております。

 

2.問題はお値段だが・・・

さて今回も、この方法で近所で一番早く空きがある歯医者さんをすぐに予約していきました。予約するときの診療理由の選択は、「応急(urgence dentaire)」を選びました。

結果的に、時間に正確で、診療所も清潔、よい女性の医師でした。根元に近いとことろ虫歯ができて、神経に到達していたので、二つの奥歯の神経を抜くことにはなりました。ショックでしたが、何とか抜歯は免れた安堵感といったら。最初の応急措置から、3カ月くらいで終了。セラミックボンドクラウンを二本被せました。

この修復治療に2000€(およそ30万円)。改めて文字にすると高え(汗)。フランスでも強制加入の最低限の医療保険では、セラミックは入れられません。しかし、最終的にほとんどが「ミュチュエル」と呼ばれる医療保険の二階建て部分による払い戻し対象となりました。自分で数百ユーロは負担しましたが、結果的にそれで収まってラッキーという気持ちでした。

もちろんいくらが自己負担分になるか最後まで分からないというわけではなく、歯科医からの見積もり(Devis)をミュチュエルにオンラインで送るとすぐに返答があり、いくら出してくれるか教えてくれるのです。治療を続けるかどうかは、この回答を見てから医師に伝えればよいのです。ここから安くやってくれる、違う治療法をとる医師を探すのもありでしょう。

 

3.ミュチュエル加入の必要性

実を言うと、この医療保険の二階建て部分に、会社員の場合、会社が加入させるのが義務ですが、職種によっては結構入っていない人がいます。私も単なる怠慢で手続きしていなかったのですが、第2子出産直前に加入。産院での個室部屋代がタダになるなど、その威力を実感していたところです。さらにこの歯冠の払い戻し率がよかたので、本当に入っておいたよかったと思いました。子どもたちの医療費も自己負担分が発生することはなくなりました。

当然ですが、払い戻し率がよいミュチュエルは保険料も高いです。でもフランス生活では必須ですね。勤めている人なら会社で加入しているはず、そうでない人はできるなら配偶者のミュチュエルに自分や子どもたちと加入しましょう。

日本では診療費は、「一律3割自己負担」のように大変シンプルです。フランスでは、診療の種類、医者の種類、かかりつけ医がいるかいないかで変わってくるので非常にややこしくなっております。例えば、かかりつけ医(medecin traitant)を申告していないと、払い戻し率が非常に悪くなるのです。決まった医者が診るようにすることで、医療費の抑制を狙っているんですよね? いまいち分かっておりません。

 

珍しく生活情報でした。では、また。