フランス在住★高齢出産女の社会時評

現地の生活者ならではの内容、しかし、ただ生活しているだけではない観察眼が売り

マクロン大統領の貧困政策

「金持ちの大統領」の汚名返上?

前回、所得の再分配について書いたところで、ちょうどフランス政府の「貧困対策プラン」が発表されました。最近人気が微妙なマクロン大統領。金持ち大統領」の汚名を払しょくしたいのでしょう。事の重大さも分かっているのでしょう。マクロン大統領自身が発表しました。​

 

子どもの貧困

​貧困対策の第一の柱は、「子ども」に置かれています。フランスでは3歳から無料の公立幼稚園に通うことができますが、それまでの間、子どもたちは、保育園やベビーシッター、親が見るなどの方法で保育されます。貧しい家庭の子が保育園に預けられている率(5%)は、裕福な子(22%)に比べて低く、それには貧しい地域には保育園が少ないなどの理由があるようです。学校である幼稚園とは違い、保育園は無料ではありません。今回のプランでは、保育園の拡充とともに、親が職業教育や求職活動を行う間に子どもを預けることができる保育園を増やすこと、妊娠4か月から保育料援助を前払いすることなどが提案されています。​

 

貧しい子供に朝食を

その他には以下のようなものが目玉施策となっています。​

ー小学校で朝食を出すこと​

ー収入に応じた給食料金を拡大し、1食1ユーロ(約130円)から食べられるようにすること​

ー18歳までの義務教育​

格差は社会の活力を損なう

大統領はこの施策を紹介する演説の中で、貧困が「幼少時から人の人生の軌跡を決め、早くから才能、野望、夢を破壊してしまう」と述べています。大統領はこのように貧困によって人生が決定づけられ、何世代にもわたって継承されてしまうことを「最悪のスキャンダル」と呼んでいます。同大統領は、生粋の経済リベラルと思われ、大統領選時には自身を「社会主義者ではない」と述べて物議を醸しました(社会党政権の閣僚であったにもかかわらず)。近年では、労働組合の力を大胆にそぎ、解雇をしやすくする労働法改革を率いたことも記憶に新しいところです。その時には「金持ちの大統領」とさんざんに揶揄もされました。彼は、左翼ではありません。しかし、固定的な格差が才能の開化を妨げ、社会の活力をそぎ、経済的にもプラスでないことを分かっているのでしょう。さすがですね。洗練されたネオリベラルのお手本みたいな人です(誉め言葉です)。​

 

新自由主義版ベーシックインカム? ​

そして、注意が必要と思われるのが、一種の”ベーシックインカム”ではないかと思われる最低所得保障の創設です(2020年に法律を予定)。所得が一定以下になったらすべての人が同じ条件で受け取れる手当です。現存する住宅手当や生活保護などの手当を一つに統合するのだそうです。そしてこの援助は、就業支援なので、これを受け取る場合は職安が提案する就職を拒否できなくなることになりそうです。”ベーシックインカム”にもいろいろありますが、自助を中心に置いた、非常にネオリベラルらしい”ベーシックインカム”ですね。一貫しています。​